S7シングル最終2125 悪鬼羅刹カバガル

f:id:toptmptop:20180123054837p:plainf:id:toptmptop:20180123064739j:plain

f:id:toptmptop:20180123185329j:plain

TN:トップ

今回は最終2125という高いレートを叩き出せて個人的には満足のいくシーズンとなった。

 

『パーティコンセプト』

対面構築の天敵と呼ばれるカプ・コケコ絡みのサイクル構築に対して強く出られるように組んだ。

万が一、数的不利を取ってしまった時もある程度切り返せることに重きを置いた構成になっているので以前までの構築より格段に安定感は増した。

また、以前までずっと使用してきた襷枠、キノガッサは特定のポケモンの組み合わせがいると初手に置き辛い、また胞子の眠りターンや種マシンガンのヒット回数で運が大きく絡み安定しないポケモンだと気付き、レート差マッチの多い今の環境では採用を見送った。

 

f:id:toptmptop:20170912031843g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト 肝っ玉→親子愛

意地っ張り 201(164)-189(212)-121(4)-x-122(12)-135(116)

捨て身タックル/グロウパンチ/炎のパンチ/不意打ち

メインのメガ枠であり相棒。崩し性能はもちろん、持ち前の耐久値でストッパーにもなり得る安心感のあるポケモン。ガルーラに命中不安はありえねーよ

メガリザードンYを第二のメガ枠として採用したことにより相手にHBカバが見えても選出が弱くならなくなった。

選出率3位

f:id:toptmptop:20180123053316g:plain

カバルドンゴツゴツメット 砂起こし

腕白 215(252)-132-187(252)-x-93(4)-67

地震/氷の牙/欠伸/怠ける

今まではゴツメランドロスを採用していたが、特性による削りと欠伸の優秀さ、冷凍パンチが4倍弱点でないこと、メタグロスへの強さを評価して採用。主に対面ミラーで選出に絡ませたり、クッションとしての役割を果たしていた。

ボーマンダに隙を見せたくないので氷の牙採用。

選出率6位

f:id:toptmptop:20170718130507g:plain

ゲッコウガ@気合の襷 変幻自在

無邪気   147-116(4)-87-155(252)-81-191(252)

ダストシュート/冷凍ビーム/悪の波動/水手裏剣

基本的にどの構築にもこのポケモンからスタートしていく。終盤急増したカバマンダガルド+カプ・コケコの並びに強く、

初手のカプ・コケコが蜻蛉帰りまたはボルトチェンジを選択してきた場合、裏の鋼やポリゴン2等を削り、後述するニトロチャージ持ちのリザードンオニゴーリを死に出しすることによってアドバンテージを取り戻しそこから1.5体以上持って行くことができていた。

選出率1位

f:id:toptmptop:20170718125800g:plain

ミミッキュミミッキュZ 化けの皮

意地っ張り 155(196)-143(156)-119(148)-x-126(4)-117(4)

じゃれつく/影打ち/剣の舞/呪い

ストッパー性能を評価しABミミッキュでの採用。主に2枚目以降に置くことで真価を発揮する。

鋼で止まってしまうが、メガリザードンYを後出しから受けられるようなサイクルにかなり寄せた構築にはオニゴーリを選出するのでそこまで窮屈には感じなかった。

選出率2位

f:id:toptmptop:20180123053417g:plain

リザードンリザードナイトY 猛火→日照り

控えめ 175(172)-x-112(108)-212(108)-136(4)-135(116)

大文字/ソーラービーム/目覚めるパワー氷/ニトロチャージ

第二のメガ枠であり、半端な有限サイクルはこのポケモンの火力、技範囲で破壊できるため採用。

このポケモンの存在により、キノガッサ+物理受けのようなガルーラを初手に置きたいが置き辛い構築に対しても、ゲッコウガで襷までガッサを削りニトロチャージで切り返す動きができ選出の幅が広がっていた。

めざ氷を耐えて竜の舞を積んでくる固いメガボーマンダが抜けないことに弱さを感じたので、最速、準速での採用も一考の余地がある。

選出率5位

 

f:id:toptmptop:20180123053510g:plain

オニゴーリ@食べ残し ムラっ気

臆病   177(172)-x-102(12)-105(36)-105(36)-145(252)

フリーズドライ/絶対零度/守る/身代わり

無敵(?)ポケモン。ヲタクの低速サイクルを破壊し、ツイート数を増やさせる悪しき鬼。

主にメガガルーラメガリザードンYが共に受け切られてしまうサイクル構築に選出していった。

このポケモンが存在したり、ゲッコウガが襷を盾に2回冷凍ビームを打てたりと、この構築は非常に多く自然と運勝ちの発生する構築にできている。

選出率4位

 

『最後に』

USUM環境で早速2100、また自身の最高レート2110を2125に更新できて嬉しいです

また来期も頑張りましょう 

ガルーラのグンチなくすのやめてね

TwitterID@TOP_poke

 

”対面構築”への懐疑

f:id:toptmptop:20171204213937p:plain 

(弱者なりに思ってることを書き連ねてみました。対面構築というものを好んで組む人向けかもしれません)

あくまで個人的な考えだが、

7世代における対面構築の弊害として、サイクル構築の蔓延、またその駒の増加に伴う多様化f:id:toptmptop:20171204222043p:plainf:id:toptmptop:20171204221912p:plainf:id:toptmptop:20171204221915p:plainf:id:toptmptop:20171204221917p:plainf:id:toptmptop:20171204221923p:plainf:id:toptmptop:20171204221936p:plainf:id:toptmptop:20171204221946p:plainf:id:toptmptop:20171204222013p:plainf:id:toptmptop:20171204221954p:plainf:id:toptmptop:20171204221958p:plainetc...に合わせ崩しにかなり重きを置いた駒であるf:id:toptmptop:20171204211344p:plainf:id:toptmptop:20171204211822p:plainf:id:toptmptop:20171204222835p:plainなどを採用しなくてはならず、

またそれらに強いかつストッパーとしてサイクル構築にも採用されるミミッキュf:id:toptmptop:20171204212003p:plainの存在が大きいのではないかと思っている。

また、f:id:toptmptop:20171204212332p:plainf:id:toptmptop:20171204212339p:plainといった物理受けをクッションとして採用していない従来の構築では安定した勝率を出せずにいる。

本来、

先発襷枠(先発適正枠)f:id:toptmptop:20171204223314p:plain→2匹目受け崩し枠f:id:toptmptop:20171204213614p:plain→3匹目スイーパーf:id:toptmptop:20171204213630p:plain

のような勝ち方が綺麗なのだが、それを安易に許してくれる環境ではないのではと思ってしまっている。

 

欲を言えば、というよりかは必要ではあると思うが、

役割対象を極端に絞った役割破壊不一致Zや、素催眠(これらは諸説だが)による半ば強引な勝利ではなく、

机上論の段階で現環境のメジャーな構築のアーキタイプへの戦い方のプランができる構築が組みたいと思っている(具体的には襷枠の模索、有限サイクルになるなりに毒やZでの崩しの用意など)。

 また、知識量や考え方が甘い故に

f:id:toptmptop:20171204215806p:plainf:id:toptmptop:20171204223348p:plainf:id:toptmptop:20171204215810p:plainf:id:toptmptop:20171204220934p:plain 対面+サイクル(?)

f:id:toptmptop:20171204220103p:plainf:id:toptmptop:20171204220109p:plainf:id:toptmptop:20171204220115p:plain

f:id:toptmptop:20171204215539p:plainf:id:toptmptop:20171204215542p:plainf:id:toptmptop:20171204215544p:plain     対面 

f:id:toptmptop:20171204215902p:plainf:id:toptmptop:20171204215842p:plainf:id:toptmptop:20171204215848p:plainf:id:toptmptop:20171204215915p:plain 対面+展開

といった中のどのタイプの構築も記事を拝見し深く考えてみたいと思っている。

誰か一緒に考えて欲しいということです

それではまた  

@TOP_poke

 

でんりぽけレベル1大会 使用構築雑記

f:id:toptmptop:20171018104500p:plain

 

今回はぼくの所属するでんりぽけで行われた『レベル1大会』で使用した構築をメモ書き程度に記録しておく。

特殊ルール

ドーブル禁止

努力値振り禁止

・特性 ちからもち、ヨガパワー禁止

・技  ソニックブーム、りゅうのいかり禁止

 

同速勝負が多いのがヒヤヒヤするルールだが、中々に異質な戦いで楽しむことができた。

このルールは展開構築がかなり多く結果を残していて、そこに強く出られる対面+展開を意識して構築を組んだ。

 

個体詳細

・性格はレベル1の場合、上昇補正は実値に影響しないが下降補正により実値が下がるため、基本無補正が理想なので割愛

f:id:toptmptop:20170912031843g:plain

@ガルーラナイト きもったま⇨おやこあい

13/7/6/6/6/7

猫/捨て身/炎P/不意

展開構築の抜きエースに対して非常に有効な猫不意の性能を評価しての採用。

誤算として、本来のレベル50の時と違いパルシェンの氷柱であっさりやられてしまう耐久ラインであり、激戦区中の激戦区S7故に俗に言うコウドウホショウがない。

同速負け=負けポケモン

f:id:toptmptop:20171018100003g:plain

@拘りスカーフ スキルリンク

 12/7/8/7/6/6

氷柱/ロクブラ/なみのり/めざ炎

このルールのトップメタであるこのポケモンは全体的に誰のPTでも対策枠が存在し、

気付いたら3タテしているといったようなことはなかった。しかし、単体性能はほぼ最強に近いので3枚目に出す駒としては非常に優秀だと感じた。

f:id:toptmptop:20170718125800g:plain

@いのちのたま ばけのかわ

12/7/6/6/7/7

じゃれつく/かげうち/剣舞/呪い

汎用スイーパー、ガルの猫と合わせて積みエースを呪いで見る枠。

いつも通りの信頼感。

S7なのが精神的によろしくない

f:id:toptmptop:20171018100905g:plain

@木の実ジュース がんじょう

12/7/6/6/6/7

猫/ほっぺすりすり/びりちく/めざ地

パルシェンストッパー、かつ何でも攻撃を2度耐えてまひるみを狙えるポケモンであり、PTの中で一番信頼を置いていた。

S7。

f:id:toptmptop:20171018101331g:plain

@オレンの実 ひでり

12/7/8/7/6/5

放射/あくび/ステロ/爆発

オレンの実込でパルシェンのロクブラを耐えるので、あくびステロのハメパターンに持ち込みやすかった。同じようなポケモンに頑丈あくびステロジーランスがいるのだが、挑発持ちの筆頭であるエルフーンにかなり強い点で評価できた。

対面性能も日照りによって高めで対面選出でも絡めることができた。

f:id:toptmptop:20171018101337g:plain

 

@ノーマルZ 適応力

13/6/6/8/6/7

10万/冷B/テクスチャー/身代わり

コータスからの展開で無類の強さを誇る。はずだったのだがせっかくステロ展開を行うのに頑丈電気鋼複合(トゲデマル・コイル)への打点のめざパを採用しなかったのは致命的なミスだった。

だがそこそこの仕事はこなしてくれたのでかなりこのルールではパワーの高いポケモンだと感じた。

 

あとがき

勝ちたかった;;

参加人数 19人

結果 5−3 予選3位落ち

 

 

 

 

 

 

 

 

SMシングルシーズン5使用構築「ガルーラバレット」 [最高最終2110]

 

f:id:toptmptop:20170912062448j:plain

↑PTはこちら

f:id:toptmptop:20170912135317j:plain

f:id:toptmptop:20170912135405j:plain

 TNSakuraKizuna 最高最終2110(32位)

3ds.pokemon-gl.com

↑今回のPTのQRです、もしよかったらお試しください

 

ゴツメランドロス+ミズZゲッコウガデンジュモクの並びに惹かれ構築をスタート。相手の並びを見て的確に刺さっているポケモンを選出するため、選出は偏らなかったことから、このような構築名になった。

終盤に環境に適応するべく補完枠としてギルガルドを採用しミミッキュが構築から外れたことにより、少々異質な対面構築になったかもしれない。 

   f:id:toptmptop:20170912031843g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト きもったま→おやこあい

いじっぱり 201(164)-189(212)-121(4)-x-122(12)-135(116)

すてみタックル/グロウパンチ/ほのおのパンチ/ふいうち

唯一のメガ枠。基本初手には置かず2枚目以降に投げる。ゴツゴツメットに極端に弱いので注意が必要。

 

     f:id:toptmptop:20170912031901g:plain

ランドロス(霊獣)@ゴツゴツメット いかく

わんぱく 196(252)-166(4)-156(252)-×-100-111

じしん/がんせきふうじ/どくどく/とんぼがえり

PTの潤滑油。ミミッキュや格闘枠をはじめとした様々な物理ポケモンに後投げしていく。このポケモンの対面操作、定数ダメージの削りによる勝ち筋の分かりやすさが頼りになっていた。

 

  

f:id:toptmptop:20170912031927g:plain

ゲッコウガ@ミズZ へんげんじざい

おくびょう 147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

ハイドロカノン/れいとうビーム/めざめるパワー炎/みずしゅりけん

通りの良い高火力Zによる崩し枠。相手に耐久水または特殊受けのいないPTに選出していく。おもにカバマンダ軸に対してランドロスによる後攻とんぼ返りと合わせて崩しを行っていた。

  

   f:id:toptmptop:20170912031959g:plain

デンジュモク@デンキZ ビーストブースト

ひかえめ 187(228)-×-94(20)-220(52)-96(36)-125(172)

10まんボルト/めざめるパワー氷/ほたるび/みがわり 

高火力Zによる崩し枠2。主に受け思考のPTに選出し崩していった。

草枠(主にナットレイフシギバナモロバレル)が絡んだ構築にも選出しみがわり、蛍火と合わせて崩しを遂行できていた。メタグロス、カプ・コケコに対しても対面で殴り勝てるので、相手の裏にポリゴン2等がいて他のZ枠が機能しない時に対面選出することも多々あった。

      f:id:toptmptop:20170912032111g:plain

ギルガルド@ゴーストZ バトルスイッチ

れいせい 167(252)-71(4)-170-112(252)-170-72

シャドーボール/せいなるつるぎ/かげうち/キングシールド

高火力Zによる崩し枠3。霊技の一貫している構築に対しては絶対的な強さを誇った。

また、対面構築の弊害となるカプ・テテフの一貫を切る枠として大きな役割を持っていた。

コケコグロス軸に対しては後述するキノガッサの選出圧力により初手で有利対面を作りやすかった。聖剣は毒でも良いのだが、霊技の通らない相手に身代わりを残されると負けだと感じる試合が多く感じたため変更した。

         f:id:toptmptop:20170912032236g:plain

キノガッサきあいのタスキ テクニシャン

ようき 135-182(252)-101(4)-×-80-134(252) 

タネマシンガン/マッハパンチ/がんせきふうじ/キノコのほうし

対面構築に欠かせない襷枠。通りが良いと感じた時は積極的に先発に置いていた。

カプ・コケコorカプ・レヒレ+浮いていない鋼枠によるフィールドを利用した2匹の並びで対処してくる相手には選出を控えるor後発に置いていた。

癖の強いポケモンがPTに多く、誰とでも比較的戦えてしまうからこそ、このポケモンを相手PTの誰を倒すのに使うか考えることが大事だった。

 

あとがたり

シーズン5は好きなガルーラスタンでじっくりと構築を長期に渡って考えて練ることができたので、最後にはそこそこ手に馴染むいい構築に出来たと思っています。来期もよろしくお願いします!

TwitterID @TOP_poke

 

smシングルs4使用構築「落単ポリクチ」[最高2108/最終2047]

 

f:id:toptmptop:20170718104008j:plain

3ds.pokemon-gl.com

↑このPTのQRです、良かったらお試しください!

f:id:toptmptop:20170722171644j:plain

↑最高レートはこちら

f:id:toptmptop:20170722171737j:plainf:id:toptmptop:20170722171751j:plain

 ↑最終レートはこちら

今回僕が使用した構築はHCポリゴン2+メガクチートのオーソドックスな「ポリクチ」である。メガバシャーモの急増に伴い、向かい風となった構築のタイプだが、そこそこの結果(sm初2100)を残せたので記事にした。

(ちなみになぜ「落単ポリクチ」かというと、最終日の翌日、つまり今日(7/18)に期末テストが3つ存在し、そのうちの1限のテストに遅刻し教室に入れてもらえなかったため。4にてえ。)

この構築は対面選出を多くでき、ガルーラ入りの対面構築とは違いボーマンダに隙を見せすぎないところに惹かれ構築をスタートした。

〜個体紹介〜

     f:id:toptmptop:20170718124648g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき  ダウンロード 

ひかえめ 191(244)-×-112(12)-172(252)-115-80

トライアタック/シャドーボール/めざめるパワー炎/トリックルーム

一般的なポリクチのポリゴン2。

一致高火力のトライアタック、ミミッキュギルガルドへの打点のシャドーボール、コンセプトのトリックルームは確定として、

ナットレイへの打点のめざめるパワー炎、テッカグヤへの打点の10まんボルト、ランドロスボーマンダへの打点のれいとうビームヒードランへの打点のめざめるパワー地、トリルターン調整のじこさいせい等が選択肢だと考えている。

選出率5位

 

 

f:id:toptmptop:20170718125101g:plain

クチートクチートナイト いかく→ちからもち

いじっぱり 157(252)-172(252)-146(4)-×-115-70

じゃれつく/はたきおとす/つるぎのまい/ふいうち

高火力での崩しもでき、いかくも相まってじゃれつくさえ当てれば対面性能もそこそこ高めのポケモン。Z技に弱いのがたまにキズ 炎のキバはあまり必要性を感じなかったため叩き落とすを採用した(命中100が偉い)。

選出率3位 

 

  f:id:toptmptop:20170718125537g:plain

キノガッサきあいのタスキ テクニシャン

ようき 135-182(252)-101(4)-×-80-134(252) 

タネマシンガン/マッハパンチ/がんせきふうじ/キノコのほうし

あまり大きな出し負けにならないためほぼ100%先発に置いていた。

タネマシンガン5発は上振れ。

ガルーラ入りには先発に置かないor極力選出しないことを意識していた。

カバルドンゲッコウガとあわせてそこそこ牽制していたためカバルドンの被選出率は低め。

選出率1位

 

  f:id:toptmptop:20170718125800g:plain 

ミミッキュ@ゴーストZ ばけのかわ

いじっぱり 141(84)-156(252)-102(12)-×-126(4)-136(156) 

シャドークロー/じゃれつく/つるぎのまい/かげうち

汎用スイーパー。あまり言うことはない構成だが最速キノガッサ抜き抜きで残りを耐久に回した。

選出率2位

 

f:id:toptmptop:20170718130140g:plain

霊獣ボルトロス@カクトウZ ちくでん

おくびょう 155(4)-×-90-197(252)-100-168(252) 

10まんボルト/きあいだま/サイコキネシス/わるだくみ

主に受け思考の構築に対して選出していった。

サイコキネシスの枠はめざめるパワー氷、飛と迷ったがメガフシギバナモロバレルへの打点を意識して氷は切り、偶発対面したゲンガーと、カプ・ブルルを天秤にかけ

飛行も切りサイコキネシスの採用に至った。

選出率6位

 

f:id:toptmptop:20170718130507g:plain

ゲッコウガ@いのちのたま へんげんじざい

おくびょう 147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

くさむすび/れいとうビーム/めざめるパワー炎/みずしゅりけん

急増したメガバシャーモへの大きな打点を持ちつつ、タイプ受けを崩せる駒として採用した。草結びは草Zでないなら悪の波動のほうがいいかもしれない要検討技(呼ぶカプ・レヒレ、水ロトムの体重がとても軽い)。

選出率4位

 

 

~最後に~

普段はバトン構築、またはガルーラ入りの対面構築を使用しているので良い経験になりました、s4楽しかったです。 

対戦して下さった方々、またツイートを見ておめでとうと言って下さった方々ありがとうございました! それでは

TwitterID:TOP_poke

 

 

 

 

 

 

 

サンムーンシングルS1 最高レート2076 イーブイ軸バトン構築

うもトップと申します

今期は初めてのサンムーン環境ということで、使いたいポケモンも定まらずノリで組み始めたナインエボルブースト、意外と強いんですねこれが 

2016年の年末、最高レート2076を記録し瞬間14位ぐらいだったのですが


シャドウバースとcojポケットに浮気し考察を深めないことはおろか、二週間ポケモンを放置し最終日二日の数時間しか潜らなかった故の21未達成でもあると若干後悔してます()


ですが今後ともイーブイバトンは一つの形として戦える構築だと考えているので、少しでも参考になれば幸いだと思いこういった形の記事にしました

f:id:toptmptop:20170117190024g:plain

エルフーン@脱出ボタン

臆病HS

追い風/甘える/守る/挑発

一番の肝。こいつが一番強い

シーズン中盤に増えたハッサムは甘えるスタートによりバレット剣舞蜻蛉なにを選択しても脱出ボタンによりイーブイが確実にAの二段階下がったハッサムと対峙できる。 

守るの最大の理由は追い風ラストターンにエルフーンを突破されると負けてしまうので、ラストターンに守ることで追い風の再展開を図る技。


コケコの甘えた挑発を防ぎ返しの挑発を入れる、またガルーラの猫騙しを防ぐことで脱出ボタンの誤発動を防ぐための技でもある。

イーブイはエボブを積むことで火力と同時に耐久も上がるので、大体の敵に対して

”追い風は実質両壁”

というところからこのポケモンはスタートした

また、今の環境に気合玉ゲンガーがいなかったことから挑発スタートで滅ゲンを完封していた。(ヘド爆をイーブイが耐える)

特にこのポケモンがシーズンを超えてイーブイ軸で活躍できるのではないかと考えている。

f:id:toptmptop:20170117190119p:plain

ファイアロー@ソクノ

陽気DSベース

追い風/鬼火/挑発/フレアドライブ

第二の起点作り要員

主に格闘タイプに対しての駒。甘えるor追い風だけだとイーブイが対面で積んでも殺されるため、流し性能がありかつ鬼火追い風のできるファイアローが入った。 

ソクノの実は追い風ターンにボルトチェンジを耐えて上手くフレドラの反動で退場する技。(むずかしい)

すべてはZ切断で置き土産要員が使えないのが悪い。

f:id:toptmptop:20170117190136p:plain

イーブイ@イーブイZ

臆病HS

とっておき/アシストパワー/バトンタッチ/みがわり

†変化し続けるこの戦場では、進化無き者は生き残れない†

当然この構築の100%選出枠、400戦して全ての試合において選出している。 

アシストパワーはエボブ後にメガゲンガーを確定1発で落とし、後投げ滅びを許さない必須技。

積めば意外と色々耐えるのでジバコやアシレーヌ、はたまたガラガラにもサポート無しでも上から積んで確実にバトンができる。

f:id:toptmptop:20170117190215g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

意地H196 A252 S60

恩返し/岩雪崩/地震/みがわり

HPはみがわり意識の4n+1

岩雪崩は身代わりと合わせて運勝tもといテッカグヤを見る技

襷が怖くないため被弾回数が少なくとにかく安定感がある。

f:id:toptmptop:20170117190234j:plain

エーフィ@たべのこし

アシストパワー/マジカルシャイン/瞑想/朝の日差し

控えめ H244B220C4D4S36

最速70族抜きを施し火力を落としすぎずに極力Bに割いた型

マンムーキュウコンなど、吠える系統の敵に出していった

また、ガルーラと違い格闘技が半減なので格闘技の一貫を切りつつバトンする動きも多かった

アシストパワーの火力が段違いなので基本ギルガルドやテッカグヤは一度瞑想を積むと倒すことができ、恐ろしいポケモンだった。

ただ、シャドークローが抜群なのでミミッキュに対しては大きく隙を見せてしまっていた。

f:id:toptmptop:20170117190310p:plain

ピクシー@アッキのみ

アシストパワー/火炎放射/瞑想/月の光

図太い H252 B88 C4 S164

ゲンガーが辛いのでS二段階アップで130族を抜けるSラインを確保

このポケモンの一番の採用理由はミミッキュ+格闘(主にルカリオ)と言った軸に対して対して滅法強く、

ミミッキュが剣舞型でも呪い型でも対処できるという点にある

(特性マジックガードによる呪い、宿り木などが効かない)。

出せるPTは少ないがメタカードとしてきちんと機能していたため採用したのは正解だと考えている。

アシパの火力はエーフィに比べると大きく劣るが、持ち前の耐久で積むことが可能であり、じっくり戦えた


以上の6体です、シングルでイーブイバトンに興味がある人は是非参考にして頂けると嬉しいです

それでは(^○^)